[新入庫]マークⅡ グランデiR-V

グレードグランデiR-V
年式2002年
走行距離151500km
車検無し
修復歴無し
シフト5速MT

オプションパーツ

・ORC 409D シングル メタルクラッチ

・HKS スーパーパワーフロー エアクリーナー

・TRUST アルミラジエーター

・PREMIUM JAPAN スロットルコンバートキット

・社外 ステンレスマフラー

・Hippo sleek フロントハーフスポイラー

・マークⅡブリット用 純正サイドステップ

・WORK EMOTION 19インチAW

・CUSCO 車高調

・CUSCO 前後スタビライザー

・BRIDE ZETA-Ⅳ フルバケットシート

・BRIDE シートレール

・MOMO ステアリング

・Warks Bell RAPFIXⅡ クイックリリース

・TRUST 追加メーター(水温、ブースト、回転数)

・SANYO Gorilla NVA-GS1609FT SDナビ

・ルームミラー一体型 レーダー探知機

 


Cer Price ¥2,450,000-



previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

日本国内のお客様向けの価格表記

概算諸費用 ¥226,000 – 支払総額¥2,676,000-


フルカウンタークランクシャフト、アルミ合金製ピストン、メタルガスケットの採用など、ノーマルの状態であっても、エンジンの耐久性の高さに定評があるエンジン「1JZ-GTE」。ヤマハが設計し、トヨタに共有していたとされる、その名機「1JZ-GTE」ターボエンジンを搭載した最後の車となるのが、このJZX110系のマークⅡです。

今回入庫したこちらのJZX110系マーク2は、その「1JZ-GTE」ターボエンジンを搭載した人気のグレード「グランデ iR-V」の純正5速マニュアル車。修復歴は無く、タイミングベルトの交換や、クラッチのオーバーホールなども行われている、メンテナンスの行き届いた1台です。JZX100系の中古車価格が高騰している中、110系に関してはそこまで価格が上昇していませんので、ご検討中の方は100系のような価格レンジになる前にご検討いただく事をお勧めします。


外装

修復歴も無く、ボディに艶もあり、とてもきれいなこちらのJZX110系マーク2。外装の傷は、フロントフェンダー左右に、少しめくれ確認出来るのと、リアバンパーに小傷、エアロの装着跡がある程度で、それ以外に大きく目立つ擦り傷や凹みなどはありません。

下廻りに関しても、この年代のスポーツカーとしてはサビが少ないほうで、ジャッキポイントもしっかり残っていて、程度は良好と言えます。


内装

目立つダメージの無い、とても状態の良いこちらのJZX110系のマークⅡ。ブリッド製の現行モデルのフルバケットシート「ZETAⅣ」も状態はとても良く、スレやヤブレなどはありません。装着されている社外品は、トラスト製の追加メーター、盗難防止用のワークスベル製クイックリリース、モモ製のハンドル、そして社外ナビなどで、どれも古さは感じず状態は良好、正常に作動します。


足廻り

クスコ製の車高調でローダウンされた車高に、WORK製の19インチアルミホイールを装着したこちらのJZX110系マーク2の中古車。アルミホイールの状態に関しては、大きく目立つ傷は無く程度は良好。タイヤの山に関しても、山はまだ残っていますのでしばらくはそのまま使用可能です。車高調に関しても目立つヘタリや抜けなどは無く、クスコ製スタビライザーの補強もあり、機敏な走りを体感出来ます。


エンジンルーム

大きく目立つサビやダメージなどの無い、とてもキレイなエンジンルーム。修復歴もありません。装着されている社外品も、HKS製のエアクリーナーにトラスト製のアルミラジエーター、そしてプレミアムジャパン製のスロットルコンバートキット程度に留まる、純正+αの仕様となっています。もちろん、エンジンは一発始動でアイドリングも安定しており、白煙、黒煙などの発生もありません。

排気系に関しては、純正の触媒に、リアマフラーが社外のステンレス製マフラーが装着済みです。少し音量は大き目ですが、脱着式のインナーサイレンサーも付属しますので、気になる方はそちらを合わせて装着してください。


総括

1968年の登場から36年という長い歴史を持つトヨタの名車「マークⅡ」。そしてその最後のモデルとなるこの110系。年々厳しくなる排ガス規制の問題から、後継モデルの「マークX」ではターボエンジン搭載モデルは無く、この110系は最後のマーク2となり、尚且つ最後の1JZ-GETターボエンジン搭載の車となりました。今回入庫したこちらのマーク2の中古車は、そんな長いマーク2の歴史の中の最後の車です。

走行距離15万kmと、一般的な中古車からすると少し過走行なものの、修復歴無し、純正5速マニュアル車、そして2021年11月、11万km時にタイミングベルトの交換や、2023年8月にクラッチのオーバーホールなども行われている、メンテナンスもしっかりされてきた1台です。

JZX100系のマーク2やチェイサーと違い、年式的に輸出レンジに入らないモデルなので、まだ中古車価格が安定している110系のマークⅡですが、あと数年もすれば25年経過となる車種でもあります。100系のように中古車価格が一気に高騰してしまうかは不明ですが、現在でもすでにじわりじわりと中古車価格が上がりつつあるのもまた事実です。

AEトレーディングでは、遠方の方でも安心して購入できるよう、FaceTimeやZOOMなどのオンライン商談ツールもご用意しておりますので、こちらのマーク2が気になる方は、是非お気軽にお問い合わせください。




RECOMMENDED FOR YOU

最新の中古車の入庫情報やキャンペーンのお知らせはこちら