[新入庫]スカイライン 25GTターボ

グレード25GTターボ
年式2001年
走行距離144700km
車検2024年4月
修復歴あり
シフト5速MT

オプションパーツ

・KENWOOD オーディオ


Car Price ¥2,950,000-



previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

日本国内のお客様向けの価格表記

概算諸費用 ¥164,000 – 支払総額¥3,114,000-


1957年から60年以上継続して販売されている、日産の主力車種「スカイライン」。ニッサンのミドルクラスセダン車として、発売が開始され、本モデルのER34型のスカイラインは10代目となります。

今回入庫したこちらのER34型スカイラインセダンの中古車は、平成13年(2001年)式5月登録の後期モデル。グレードは、直列6気筒ターボエンジン「RB25DET」搭載モデルのグレード「25GTターボ」で、シフトは載せ替え無しの純正5速マニュアル車です。

スポーツカーブームの今の中古車市場ではとても珍しい、ワンオーナーのフルノーマル車両。取扱説明書や、新車時の保証書、複数枚の定期点検記録簿やスペアキーなどが完備された1台です。GT-Rやクーペに引っ張られるかたちで、日々中古車相場が高騰しているER34スカイラインセダン。お探しの方はお早めにお問合せ下さい。

外装

とても珍しいボディカラー、カラーコード「BV5」ダークメタルブルーの、こちらのER34スカイラインセダンの中古車。ルーフに一部色褪せや、細かい小傷のタッチペン跡はあるものの、全体的には大きく目立つ擦り傷や凹みなどは無く、この年代の中古車としてはキレイな1台です。外装の目立つ傷に関しては、フロント左下部に擦り傷、右サイドステップに小傷のタッチペン跡、左のCピラーにえくぼ程度が確認出来ます。

足廻り

続いて足廻りですが、こちらのER34スカイラインセダンの中古車の足回りは、ホイール、サスペンション共にノーマルとなります。ホイールは4本ともガリ傷が少し目立つ状態です。タイヤに関しては、ミシュラン製のコンフォートタイヤ「PRIMACY 4」が装着されており、山に関してもまだ残っていますので、しばらくはそのまま使用が可能です。

内装

オーディオ以外ノーマルの状態の、こちらのER34スカイラインセダンの中古車。目立つダメージは、ハンドルとシフトノブのスレです。こちらは張替えか、お好みの社外製に交換される事をお勧めします。シートの状態に関しては、走行距離相応のスレはあるものの、コンディションは良好と言えます。室内に関しては、専門業者にてクリーニング済みですので、清潔感があります。

エンジンルーム

内外装と同様に、社外品の装着が無い、ノーマルのエンジンルーム。この年代の日産車は、スカイライン、シルビア問わず、サスペンションストラット廻りにサビが発生しやすいのが特徴ですが、今回入庫したこちらのER34スカイラインの中古車は、よく見るとうっすらサビは確認できるものの、大きく目立つサビは発生していません。また、ラジエーターやホース類も状態は良好で、メンテナンスが行き届いている事が、エンジンルームの状態からもうかがえます。

下廻りについて

エンジンルームと同様に、下廻りのサビも合わせて確認しておきたい、ER34スカイラインの中古車。こちらのスカイラインセダンの下廻りの状態は、年式相応の多少のサビはありますが、整備に影響が出るような腐食などは無く、とてもキレイな状態です。また、トランクのスペアタイヤハウス内もとてもキレイで、潰れがちなジャッキポイントもしっかり残っております。

修復歴について

こちらのER34スカイラインセダンは、修復歴ありの中古車となります。修復歴に該当する箇所は、右リアのインサイドパネルの部分に、バンパーをぶつけた際に、一部押されて少し歪みが生じた部分。そして、右フロントのフェンダー裏のインサイドパネル先端の、本当に小さな歪みの部分となります。こちらは双方とも、写真でもわかりずらいほぼの小さな歪みで、もちろん走行に支障があるようなものではありません。

総括

平成12年(2000年)に施行された日本の排ガス規制により、たった4年という短い期間で生産終了となってしまったこのER34型のスカイライン。今回入庫したこちらの「25GTターボ」は、280馬力37kg・mを発揮する「RB25DET」エンジン×純正5速マニュアル車という、一番人気のグレードとなります。

しかも、今となってはとても珍しいフルノーマル車。しかもワンオーナーのお車です。メンテナンスに関しても、前回の車検時に、タイロッド、テンションロッドなどの足回りの部品や、タペットカバーパッキン、ラジエーターホース、サーモスタット、その他ガスケット類なども交換されている、メンテナンスもそれなりにされてきた車両です。

第二世代最後のスカイラインとなる、ER34型のスカイラインの中古車は、デビューから25年が経過すると同時に、中古車価格は一気に上昇する傾向があります。GT-Rの中古車価格上昇に伴い、ER34クーペも上昇、そしてER34セダンに関してもここ最近値動きが激しくなっていますので、購入予定のお客様は注意が必要です。

AEトレーディングでは遠方の方でも安心して購入できるよう、FaceTimeやZOOMなどのオンライン商談ツールもご用意しております。ご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。




RECOMMENDED FOR YOU

最新の中古車の入庫情報やキャンペーンのお知らせはこちら